運転免許証の違い

車は運転免許証を持っていなければ運転することが許されないものですが、その免許証にも種類があり、それによってどの車種が運転できるか異なってきます。
基本的に運転免許証は普通、中型、大型、小型と分類されており、更にその中から特殊や第二種と分類されることもあります。
大型と判断された車種は大型の免許でないと運転することが許されておらず、免許によっては事前に別の免許を取得しておき、ある程度の運転経験がなければ取得することができないという免許もあります。


大型免許もその一種であり、普通自動車免許がないと取得することができないのです。
また取得できるかどうかは年齢も関係しており、軽自動車の免許であれば16歳以上であれば取得することができるのですが、普通自動車免許は18歳以上にならないと取得することができません。
更に第二種免許となると大抵のものは21歳以上である必要があります。


これに関してはあくまで免許取得がその年にならないと不可能だというものであり、教習事態は規定の年齢に達していなくてもすることが可能となっています。
最も運転免許証の区分に関しては昔からコロコロと変わってきたために、今後も車種の定義から取得できる年齢が変更されないとは限りません。


これらが基本的な国内の運転免許証ですが、他にも国際運転免許証という海外で運転をするための免許証が存在します。
では国際運転免許証というものはどのようなものでしょうか?そして運転免許証には車種の種類の他に色による種類も存在しますが、それらは具体的にどう違いがあるのでしょうか?

<特選サイト>
運転免許を比較的簡単に取得できる合宿免許を案内しているサイトです・・・合宿免許

Copyright © 2014 運転免許証の種類 All Rights Reserved.